みかん肌 ニキビ跡

ニキビ跡によるみかん肌はどうすれば治る?

肌の表面がポツポツ、デコボコしているみかん肌。汚ならしく見えてとても嫌ですよね。そんなみかん肌ができてしまう原因には、いろいろなものがあります。その1つが、ニキビ跡によるものです。ニキビは誰にでもできるもので、今までで一度もニキビができたことのない人などおそらくいないと思います。ニキビができたとき、あなたはどのように処置していますか?このときの処置の仕方によっては、ニキビが跡として残ってしまい、みかん肌となってしまうことがあるのです。

 

【ニキビ跡によるみかん肌の改善はターンオーバーが重要な鍵!】

 

ニキビ跡が原因のみかん肌は、ニキビ跡の中でももっとも重症である「クレーター」がたくさんできてしまっている状態です。月の表面のように、肌がへこんでしまうのです。ニキビができるとき、常に、もしくはほとんどが赤く炎症を起こすという人は要注意です。ニキビ跡がクレーターになる可能性が非常に高いといえます。
クレーターは、ニキビの炎症が毛穴周辺にまで広がり、毛穴周辺の組織を壊してしまうことが原因です。肌の受けたダメージが非常に強く、肌がへこんでしまうのです。
このようなクレーターがたくさんできると、まるでみかんの皮のような見た目の「みかん肌」へとなってしまいます。では、クレーターによるみかん肌はどのようにすれば改善できるのでしょうか。キーワードは「ターンオーバー」にあります。

 

ピーリングでターンオーバーを促す

 

ピーリングというのは、薬剤や天然由来の成分を使って古い角質を取ることをいいます。「皮を剥がす」という意味があります。ニキビ跡がクレーターとなって肌の表面にいつまでも残っているのは、肌の表面に古い角質が残っていることも原因として考えられます。古い角質というのは、本来ならばターンオーバーによって剥がれ落ちるべき汚れのことです。角質は、普通の洗顔では落とすことはできません。角質をとろうとゴシゴシこすることは、余計に肌を傷つけることになるので絶対にやってはいけませんよ。
そんな古い角質を取るために行うのが、ピーリングです。ピーリングは自宅で自分で行うものと、皮膚科やエステなどで行ってもらうものとがあります。ピーリングを行うと肌のくすみが取れるので、肌がワントーン明るくなったと感じるはずです。角質を取ることは、ターンオーバーの促進にもつながります。
ターンオーバーが促進されれば、どんどん新しくてきれいな肌へと生まれ変わっていくわけですから、時間の経過とともにクレーターも改善していくでしょう。化粧水や美容液の成分も、浸透しやすくなります。ピーリングをするとスッキリとして気持ちいいのですが、肌への刺激や負担となるため月に1〜2回を目安にしてください。

 

スキンケアでターンオーバーを促す

 

洗顔や化粧水といったスキンケアは、地味ですが実はとても重要なことです。毎日行うことだからこそ、結果として現れてくるのです。
クレーターは肌の奥深くまでダメージが及んでいて、みかん肌になっているのですからそれがかなりの数ある、ということです。この場合、肌の表面だけに潤いを与えても意味がありません。しっかりと肌の奥まで浸透するものを使います。導入型柔軟化粧水である「リプロスキン」は、ブースター効果で肌を柔らかくすることができるので、クレーターの改善にとても効果的な化粧品です。口コミでの評価も高いですし、おすすめです。肌の再生力を高めること、すなわちターンオーバーを促すことにつながります。
クレーターによるみかん肌を治すのは、簡単なことではありません。スキンケアを見直したところで、即効性はありません。お肌の正常なターンオーバーは28日ですから、どんなに優れた方法でも1か月はかかるわけです。とはいえ、クレーターによるみかん肌の改善には数年単位の時間がかかると思っていた方が無難だといえるでしょう。

 

生活習慣を改善していく

 

スキンケアよりも地味であり、なおかつみかん肌の改善にもっとも重要であるのが、生活習慣の改善です。クレーターによるみかん肌になっている人は、そもそも「ニキビができやすい」「ニキビが炎症を起こしやすい」という特徴があるわけです。このような特徴は、やはり生活習慣と大きな関係があることは否定できません。
夜更かしをしている、食事が偏っているなど、思い当たるものはありませんか?睡眠や食事というのは、お肌と深い関係があります。特に睡眠は、ターンオーバーを促進するには欠かせないものです。お肌のターンオーバーを促す時間帯は22時〜2時までで、この時間帯は「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれています。理想は22時には熟睡していることですが、社会人ならなかなか難しいと言わざるをえないでしょう。仕事柄無理だという人もいると思います。睡眠時間帯よりも、睡眠の質を高めた方がお肌のためには良いことだと言えます。リラックスして布団に入る、電気を消したらスマホやゲームはしないなど、できることから始めていきましょう。
食事に関しては、野菜や果物からビタミンを摂ることを心がけます。ビタミンCや葉酸などは欠かせません。だからといって、野菜ばかり食べればいいというわけではありませんよ。食事はバランスが何よりも重要なことなのです。脂っこい食事やジャンクフードなどは、ニキビをできやすくしてしまいます。ただでさえニキビができやすいわけですから、なるべくそのようなものは控えた方がいいかもしれませんね。

 

【まとめ】

 

ニキビ跡によるみかん肌を改善するのは、簡単なことではありません。ここで紹介した方法も、すぐには効果は出ないでしょう。「本当に効果があるのかな?」と、半信半疑になってしまうことも多いかもしれません。
しかし、ニキビ跡によるみかん肌を改善するには地道なケアを続ける以外に方法はないのです。今あるみかん肌を改善すると同時に、みかん肌の原因となっている「ニキビ跡」、その原因である「ニキビ」のできにくい肌を目指していくことが大切です。もちろん、ニキビができたときに潰してしまうなんて論外ですよ!殺菌効果のある薬を塗るなどの処置をしたあとは、ニキビはさわらないが鉄則です。