みかん肌

毛穴の開きによるみかん肌を改善するには?

みかんの皮のように、肌がポツポツ、ザラザラしてしまうことを、みかん肌といいます。みかんは美味しいから好きだという人も、みかん肌が好きだという人はいないでしょう。男性も女性も、できればきれいな肌の方がいいですよね。自分に自信を持つためにも、肌はきれいにしておきたいものです。
さて、そんなやっかいなみかん肌ですが、原因としてもっとも多いのは「毛穴の開き」なんですよ。毛穴が開いて、その毛穴に汚れが詰まってしまうために肌がポツポツとしてしまうのです。そんな毛穴の開きによるみかん肌は、どのようにしたら改善することができるのでしょうか。

 

【毛穴の開きによるみかん肌は、毛穴の汚れを取ることが重要】

 

毛穴の開きによってみかん肌になってしまっている人の根本的な原因は、「毛穴が開いて汚れが詰まっている」ということです。すでにみかん肌になってしまっているのなら、まずは毛穴の汚れを取ることから始めなければなりません。開いた毛穴を閉じるのは、その後です。

 

洗顔は基本中の基本である

 

「毛穴」そして「みかん肌」のケアとして共通していること、それはずばり洗顔です。先ほどお話ししたように、みかん肌の原因は毛穴に汚れが詰まっているのです。そして、その汚れは時間が経てば経つほど落としにくくなります。皮脂とタンパク質が混ざって角栓となったり、紫外線によって皮脂が酸化して黒ずみになることもあるでしょう。毛穴によるみかん肌は、できるだけ早いうちにケアすることが大切です。
さて、ではどのような洗顔をすればいいのでしょうか。
洗顔は毎日行うものです。普段、あまり意識しないで行っているという人もいますよね。それほど洗顔は当たり前のことでもあります。そんな当たり前の洗顔だからこそ、おろそかにしてはいけないのです。
洗顔の基本は、ぬるま湯で行うことです。熱いお湯で洗うと本来お肌に必要な皮脂まで落としてしまいますし、冷たい水では毛穴の汚れはとれません。お肌の汚れをとるには、35℃くらいのぬるま湯がベストなのです。
そして、洗顔の時に決してゴシゴシとこすってはいけません。みかん肌の原因が毛穴の汚れだと思うと、汚れを落とそうとして、ついこすってしまっていませんか?毛穴に詰まった汚れは、ゴシゴシこすったところで落ちるものではないのです。洗顔料をしっかりと泡立て、キメの細かい泡を作ります。泡立てネットなどを使うと、簡単にたっぷりの泡が作れますよ。その泡でお肌をなでるようにしましょう。手は直接お肌に触れないように洗うことがポイントです。このような質の良い洗顔を心がけていけば、毛穴に汚れがつまることはなくなるでしょう。すでにみかん肌になってしまっている時には、週に一度くらいのペースで「酵素洗顔」をすることをおすすめします。酵素洗顔は、タンパク質を分解する働きのある酵素を用いて、毛穴に詰まった角質や角栓を分解することのできる洗顔料のことです。口コミでも人気で、なおかつリーズナブルな値段で購入できる酵素洗顔には「パパウォッシュ」などがあります。パパイヤ酵素を用いた洗顔で、毛穴の汚れをすっきりと落としてくれますよ。酵素洗顔は洗浄力が強いので、週に一度の使用くらいにとどめておいてくださいね。

 

毛穴の汚れを取った後は毛穴の引き締めを忘れずに

 

正しい洗顔や酵素洗顔で毛穴に詰まった汚れを取ったら、それだけでも毛穴がすっきりとしてみかん肌もよくなったように感じるでしょう。しかし、これで「みかん肌が改善した!」と思ってしまうのは間違いです。毛穴の汚れが取れたことで、毛穴のポツポツは確かになくなりました。しかし、汚れを取っただけで毛穴は開いたままです。穴が空いていれば、入りたくなりますよね?これは、皮脂や埃なども同じなのです。穴が空いていれば入りたくなるものです。
そのため、みかん肌を改善するために大切なのは「汚れを落とした後」でもあります。汚れを取ってぽっかりと穴の空いた毛穴は、新たな汚れが入りやすくなっているからです。化粧水や保湿などを念入りにして、しっかりと毛穴を引き締めなければなりません。収れん作用のある化粧水を使うこともおすすめですよ。今まで開きっぱなしだった毛穴は、すぐには閉じることはありません。しっかりと毛穴を閉じてみかん肌をなくすのは、ある程度の時間がかかると思っていてください。
ただ、たとえ新たな汚れが毛穴に入り込んでしまっても、ケアが早ければふつうの洗顔でも落とすことは可能です。しっかりと泡立てた泡で、やさしく汚れを落としましょう。そして、洗顔のあとは間髪入れずに引き締め効果のある化粧水を使ってください。この地道なケアを続けていくことで、次第に毛穴もきゅっと閉じるようになりますよ。
ここでのポイントは、「毛穴の引き締め」にばかり固執してはいけない、ということです。引き締めというと「冷やす」ことが真っ先に頭に浮かびますが、お肌のケアは保湿が何よりも大切なのです。毛穴が開いてしまうのは、お肌が乾燥しているために、頑張って皮脂を分泌していることが原因です。むりやり皮脂を分泌しようとして、毛穴が開いてしまうんですね。これを改善するためには、やはり保湿しかありません。しっかりと肌の奥にまで浸透するスキンケアを使って、毛穴が開くのを防いでいきましょう。

 

・まとめ

 

毛穴の開きによるみかん肌を改善するには、
1.毛穴の汚れを取る
2.毛穴を引き締める
3.保湿をする
という3ステップが必要です。決して難しいことではなく、どれも簡単なものばかりです。今すぐにでも実践できるものですよね。洗顔やスキンケアは、お肌をきれいに保つためには欠かせません。誰もが毎日行っていることだからこそ、手を抜いてしまっているということもあるでしょう。みかん肌を本気で治したいと思うのなら、これを機に普段のスキンケアを見直してみてください。そして、「毛穴」に特化したスキンケアを行ってみかん肌を改善していきましょう。自分に合った化粧品を使うことはもちろんですが、常に「毛穴」を意識してスキンケアを行うことが大切だと言えます。みかん肌の改善には時間がかかりますが、しっかりとケアを続けることで必ず改善していきますよ。