みかん肌 草花木果 整肌

草花木果 整肌(どくだみ)の口コミ・感想

草花木果を使って肌質が良くなった事について

私は、ずっと肌荒れ、ニキビに悩まされてしました。

 

学生の頃よりも大人になってからの方が体調や季節によって肌質が変わりニキビができやすくなっていました。

 

色々試しましたがなかなか治らず最後の砦としてこの草花木果を使用しました。

 

使用する度に部分によって異なっていた肌質が統一されてきた感じがします。

 

何より朝起きた時の肌の感じが変わり化粧のりもよくなりました。

 

ニキビも出来にくくなり、毛穴も目立たなくなってきて驚きです。

 

天然成分なので使い続ける事に安心感があるのも嬉しいです。

名前なーな: 年齢:30歳 肌質:混合肌

 

デコボコなしのツルツル肌に…どくだみが効きます(^_^)

すぐにベタつく肌に、あちこちに繰り返すニキビ。ずっとずっと悩まされてきましたが、そんな私を草花木果が救ってくれました!

どくだみの自然ないい香りの洗顔石けんと、肌にすっと馴染む感覚が嬉しい化粧水と保湿液。面倒なお手入れもなく、3ステップでとても簡単です。
使い初めて数日で「アレ?ベタつかない?ニキビ減った?」と実感。ぐんぐんお肌の調子が良くなりました(*´▽`*)
お値段がリーズナブルなのも嬉しいです!

名前:かんあ 年齢:27歳 肌質:オイリー肌

 

さっぱりした使い心地の草花木果どくだみ

私が草花木果のスキンケアシリーズを知ったのは、雑誌の記事がきっかけです。

モデルさんが愛用している化粧品として紹介されていて、かわいらしいパッケージとモデルさんの肌の美しさに惹かれて「どくだみ」のお試しセットを購入してみました。

 

使ってみると、さっぱりとした使い心地で保湿力もしっかりとあり、私の肌にはとても合っていました。
人工的でない自然な香りも、アロマのような効果があるようでとてもリラックスできます。

名前:あい 年齢:22歳 肌質:普通肌

 

草花木果どくだみで肌トラブルが改善

草花木果の整肌石けんどくだみを使用して、混合肌の私にはぴったりな商品だと実感します。頬は乾燥するのに対し、鼻がオイリーな私は化粧品選びに苦労しますが、草花木果どくだみは、混合肌にも良い影響を与えてくれます。

 

やわらかく泡立ち、毛穴の皮脂や角質などの詰まりを除去してくれつつ、潤いも与えてくれるので使用後は肌質が良くなるのが分かります。

 

このどくだみを使用した後、化粧水を使うとなじむのが早くて嬉しいです(^^)

名前:じゃなこ 年齢:23歳 肌質:混合肌

 

草花木果どくだみでニキビ知らずの肌)

初めはボトルのデザインが良かったので、気になり使い始めました。

全体的に乾燥肌なのですが、おでこのきわの部分だけがいつもベタベタしていました。
必ずその場所にニキビができてしまいます。
治ったかな?と思ったらまたすぐにできてしまう、いわゆる繰り返しニキビでした。
どくだみがニキビに良い事を知り、草花木果どくだみを使いました。
匂いがキツイかなと思ったら、自然な優しい香りで癒されます。
使い始めて一週間で、ニキビの赤みが薄くなりました。
一ヶ月経った頃には、全くできなくなりました。
しっかりどくだみが効いており、肌質が変わったような感じです。

名前:はほ 年齢:23歳 肌質:普通肌

1.大人のニキビを防ぐどくだみエキス
日本各地に自生するどくだみは「十薬」と言われるほど様々な効能を持っており、江戸時代の書物にも登場しています。煎じてお茶にしたり葉の汁を吹き出物に塗ったり、日本人の生活に欠かせない存在でした。草花木果の整肌スキンケア(どくだみ)は、日本に伝わる生活の知恵に学び、どくだみエキスの効能を取り入れています。自然の恵みと日本の知恵で、大人の肌をニキビに悩まないすべすべ肌へと導きます。
2.植物成分と有効成分をたっぷり配合
植物成分「どくだみエキス」は、潤いバランスを整えてニキビのできにくい肌へと導きます。有効成分「ACコントローラー」は、肌を健やかに保ちながら、毛穴をつまらせている不要な角質に働きかけて、ニキビができにくい肌環境を整えます。植物成分「オウバクエキス」は、ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を抑えると言われる成分です。このような成分が、肌を労わりながら大人のニキビを防ぎます。
3.潤いを高めてキメを整える天然の恵み
独自開発した「清潤環植物成分」は、3つの植物エキスと保湿成分を合わせた肌のめぐりを良くする成分です。清らかな潤いで肌を満たし、キメの整った美しい肌へと導きます。また、天然の植物成分を肌に届けるためには化粧品の配合に適した理想的なミネラルバランスの水が必要です。整肌スキンケア(どくだみ)には、美人の湯として有名な鹿児島県霧島山麓の「関平温泉水」が使用されています。