みかん肌 食生活

みかん肌の改善は食事の見直しから?

みかん肌 食生活

見た目にも触り心地にもキレイとは言えない「みかん肌」に悩んでいる人も多いです。みかん肌は、その見た目がみかんの皮のように見えることから、「オレンジピールスキン」とも呼ばれています。
お肌の悩みというのは人それぞれで、まったく悩みがない!という人はいないでしょう。その中でも、ニキビや毛穴に関するものは圧倒的に多い悩みだといえます。お肌の悩みも、比較的簡単に改善することのできるものから、長い時間がかかるもの、個人のケアではどうすることもできないものまであります。ここでの悩みは「みかん肌」です。みかん肌の改善は、決して簡単なことではありません。しかし、地道なケアを続けることで改善することは可能だといえます。即効性はないものの、地道なケアというのはとても大切です。ここではみかん肌の改善の基本、食事についてお話ししていきます。

 

【みかん肌改善の食事のポイントはビタミンCと葉酸】

 

食事は、誰もが毎日行っています。その回数や内容に差はあれど、食事をしないという人はいません。食べるということは、私たちの生命維持には欠かせない行為だといえます。
そんな食事から摂った栄養は、生命維持と深い関係のある組織や細胞に優先して届けられていきます。つまり、肌は後回しです。たとえみかん肌であっても、「生きる」ことに関しては無関係だからです。そのため、肌の状態を良くしたいと思うのなら、いつも以上に食事の内容には気を使わなければなりません。みかん肌改善のための食事のポイントは、ずばり「ビタミンC」と「葉酸」です。

 

ビタミンCはコラーゲンの生成を助ける

 

お肌のためにビタミンCが良いという話は、みなさんも知っていますよね。ビタミンCには強い抗酸化作用があるため、お肌の活性酵素を除去する働きがあります。「酸化」というのはお肌が「錆びる」ことで、老化と深い関係のあるものです。シワや乾燥などを招いてしまいます。お肌が酸化していくと、次から次へと肌トラブルが出てきてしまうんですよ。これは、なんとしてでも阻止しなければなりませんよね。
また、ビタミンCにはコラーゲンを生成したり、鉄分の吸収を助けるという働きもあります。コラーゲンは、お肌の弾力を維持するためには欠かせません。みかん肌はターンオーバーが乱れていて、お肌の張りが失われている状態です。コラーゲンが作られれば、お肌の内側から張りを取り戻すことができます。それは、すなわちお肌のターンオーバーを促進することにも繋がるのです。
ビタミンCは野菜や果物など多くの食べ物に含まれています。しかしビタミンCは水溶性のビタミンであり、熱を加えるとすぐに壊れてしまいます。できるだけ、果物など生のまま食べられるものから摂取することをおすすめします。

 

葉酸はお肌の細胞を生まれ変わらせる

 

葉酸と聞くと、「妊娠中に必要なもの」というイメージを持っている人も多いことでしょう。男性だと、葉酸という栄養素そのものを知らないという人も少なくないかもしれませんね。
葉酸はビタミンB群の一種で、ビタミンCと同じ水溶性のビタミンになります。あまり知られていない葉酸ですが、実はものすごく重要な働きをしているんですよ。葉酸の働きにはいろいろなものがあるのですが、みかん肌の改善と関係しているものには、「細胞分裂の促進」と「造血作用」があげられます。
葉酸は、DNAを合成して正常な細胞分裂を促す働きがあります。これは肌の細胞に関しても同じです。葉酸のDNA合成は、冒頭でもお話ししたように「優先順位の高いもの」から順に行われていきます。肌や髪の毛、爪などは最後の方です。そのため、葉酸の摂取量が少ないとお肌の細胞分裂はスムーズに行われなくなってしまうのです。
また、葉酸は赤血球を作る造血作用もあります。血液が増えて血行が良くなれば、新陳代謝も良くなります。お肌の細胞の隅々にまで栄養が届けられるようになりますから、みかん肌もスムーズにターンオーバーされるようになりますよ。葉酸が足りないと新しい細胞が作られなくなりますので、いつまでもみかん肌が表面に残ったままになってしまうでしょう。
葉酸は、緑黄色野菜やレバーに豊富に含まれています。しかし葉酸はビタミンC同様、水溶性のビタミンです。調理の過程で失われやすく、体内での吸収率も低めです。普段の食事で葉酸が足りなくなることは稀ですが、みかん肌の改善という目的があるのなら、やはり普段以上に葉酸を摂取する必要があるでしょう。イチゴやキウイなどの果物なら、葉酸もビタミンCも摂れるのでおすすめですよ。

 

皮脂の分泌を増やす食べ物は控えるべき

 

みかん肌で悩んでいる人の多くは、脂っこいものや甘いものが好きでよく食べている人です。みかん肌になる原因はいくつかあるのですが、根本的な原因となるのは「ニキビ」と「毛穴」です。このどちらにも共通しているのは、皮脂が必要以上に分泌されてしまうことです。
皮脂がつまればニキビになりますし、毛穴に皮脂がつまれば毛穴は開きます。これらはどちらも、みかん肌の原因となるでしょう。皮脂の過剰分泌と食事は、深い関係にあります。先ほどお話しした脂っこいものや甘いものの他、アルコールや強い香辛料もみかん肌の改善には不向きです。できるだけ控えるようにしましょう。好きなものをすべて我慢するのはとてもストレスが溜まりますから、少しずつ減らしていくのがおすすめです。また、脂っこいものや甘いものを食べたら次の日は野菜中心のメニューにするなど、メリハリをつけるのもいいでしょう。
食事の内容を見直すことは、健康のためにもいいことですよね。食事はバランスも重要なので、ビタミンの多いものだけを食べるのはNGですよ。

 

・まとめ

 

食事の見直しでみかん肌を改善するのは、体の内側からのケアになります。また、同時に肌質の改善も期待できるでしょう。みかん肌のできにくい肌質へと変えることができれば、今以上にみかん肌で悩むこともなくなりますよね。
食事の見直しは根気がいることではありますが、一歩一歩を大切にみかん肌の改善に望んでいきましょう。どうしてもビタミンCや葉酸を食事から摂るのが難しいという場合は、サプリメントを利用するのも1つの方法としておすすめします。