みかん肌 皮膚科 診察

みかん肌は皮膚科で診察してもらうべき?

みかん肌 診察

頬や鼻がボツボツとしていたり、デコボコになってしまうみかん肌。そんなみかん肌になってしまい、悩んでいる人は意外と多いものです。みかん肌も軽いものならファンデーションなどで隠すことができますが、クレーターのようになってしまうと隠すのも一苦労でしょう。
自分に自信がなくなり、人と会うことを苦痛に感じてしまう人もいるかもしれません。みかん肌を治す、改善するのはとても大変なことです。なかには「自力で治すのは無理!」なんて言われることもありますよね。果たして、みかん肌を改善するためには皮膚科で診察してもらったほうがいいのでしょうか?

 

【肌の炎症が悪化する前に皮膚科へ行こう!】

 

肌のトラブルなら、やはり専門である皮膚科へ行くのが一番です。数年前に「ニキビは皮膚科へ!」というテレビCMを放送してから、ニキビの治療のために皮膚科を訪れる人も増えたといいます。とはいえ、まだ「ニキビ=皮膚科」というイメージはないかもしれませんね。
みかん肌の原因の中に、ニキビ跡とアトピーなどの炎症というのがあります。ニキビができたとき、きれいに治る人がほとんどだとは思いますが、中にはクレーターのようにデコボコの肌になってしまう人もいます。肌の炎症が悪化してしまうと、そのあと改善するのもとても大変です。できるだけ炎症の軽いうちに皮膚科へ行くというのは、「みかん肌を作らない」ためにはおすすめだと言えます。

 

皮膚科へ行くべきなのはこんな人!

 

では、どんな人は皮膚科へ行くべきだと言えるのでしょうか。皮膚科は肌の専門ではありますが、基本的には「なにかしらの病気を治療」するところです。たとえばシミやシワの改善というような、病気以外のものは管轄外であることも多いんですよ。このことから、すでにみかん肌になってしまっている人は、一般的な皮膚科では診てもらえないこともあります。
みかん肌で皮膚科へ行くべきだといえるのは、ニキビができやすい人、ニキビを繰り返してしまうような人です。この場合は、治療はあくまでも「ニキビ」のほうであって、みかん肌ではありません。とはいえ、ニキビがきれいに治るようになればみかん肌を悪化させずにすむわけです。これはかなりの朗報だといえるでしょう。ニキビの治療ならば健康保険が適用されますから、費用もそこまでかさむことはありません。

 

美容皮膚科ならみかん肌も治せる?

 

皮膚科は「肌の病気」の治療がメインですから、みかん肌を治したいという目的で病院を探すのなら、美容皮膚科を選ぶべきです。美容皮膚科ならみかん肌の改善はもちろん、シミやシワの改善といった効果も期待できますよ。
ニキビ跡がクレーターのように残ってしまったみかん肌は、セルフケアのみで「まったく何もなかった状態」に戻すことは難しいと言わざるをえません。なぜなら、肌の炎症がターンオーバーの行われない真皮層にまで到達してしまっているからです。肌の表面についた傷なら、ターンオーバーを促すことできれいに治すことはできます。ケガをした傷が時間とともにきれいに治るのは、このターンオーバーの働きによるものなんですよ。ターンオーバーの行われる範囲での炎症ならば、1ヶ月もすれば跡形もなくなくなるでしょう。
美容皮膚科なら、ターンオーバーの行われない真皮についた傷まで治すことができます。美容皮膚科でのみかん肌治療は、
・ケミカルピーリング
・CO2フラクショナルレーザー
・毛穴レーザー
・イオン導入
などがあります。
ケミカルピーリングは、弱酸性の薬剤を塗って肌表面の古い角質を落とすというもの。角質があるとターンオーバーも乱れてしまいますから、ケミカルピーリングは「ターンオーバーを整える」という意味でもおすすめだと言えます。肌のざらつきやくすみを、きれいに取ることができますよ。みかん肌の改善に、ターンオーバーの促進というのは欠かせません。
CO2フラクショナルレーザーと毛穴レーザーはどちらもレーザーですが、効果が違います。CO2フラクショナルレーザーは真皮層にレーザーを照射して、真皮層のコラーゲンを再生していきます。コラーゲンを活性化することで、真皮層の傷を治していくことができますよ。毛穴レーザーは、レーザーで角栓を飛ばしてコラーゲンを刺激することのできるレーザーです。毛穴の開きによるみかん肌は、毛穴に角栓などがつまっていることが原因です。その原因を除去できる上、コラーゲンも刺激することができますので一石二鳥ですね!
そして、イオン導入です。イオン導入と毛穴レーザーはセットで行われることが多いのですが、イオン導入は毛穴の収縮作用があるのです。せっかく毛穴の汚れや角栓を除去しても、そのままでは新たな汚れが詰まってしまいますよね?これではみかん肌の改善とは言えないでしょう。グリシルグリシンを使った収縮作用により、毛穴をきゅっと引き締めることができます。

 

美容皮膚科へ行くのもいいけれど…セルフケアを怠っちゃダメ!

 

美容皮膚科で施術を受ければ、みかん肌を改善することは可能です。肌の炎症が悪化してからでは治すのも難しくなりますから、できるだけ炎症の軽いうちに受診することをおすすめします。
ただ、美容皮膚科での診察や施術はすべて自由診療です。健康保険は使えませんから、定期的に通うとなるとかなりのお金を用意しなければならなくなるでしょう。口コミなどを見ると、皮膚科で行ったレーザーによって、さらに深いクレーターができてしまったという人もいるようです。「安いから」「近いから」といった安易な理由で美容皮膚科を選ぶと、取り返しのつかないことにもなりかねません。皮膚科でみかん肌を治したいと思うのなら、クリニック選びは最重要だといえるでしょう。

 

また、美容皮膚科で施術を受けると同時にセルフケアも重点的に行うことで、よりみかん肌の改善効果は高まると言えます。どんなにいい施術を受けても、その後のケアが間違っていれば意味がありません。皮膚科での施術の効果を持続させるためにも、セルフケアの見直しは欠かせないのです。洗顔やスキンケアはもちろん、生活習慣なども今一度見直してみてください。地道なケアこそが、みかん肌改善への近道なんですよ。

 

・まとめ

 

みかん肌の改善のために皮膚科へ行くことは、決して悪いことではありません。自分のみかん肌のタイプが分からない人や、ニキビを繰り返してしまう人にとっては、皮膚科へ行くことで「みかん肌改善のヒント」を得ることができると思うからです。しかし、皮膚科だけに頼りすぎるのはおすすめできません。「皮膚科へ行ったから大丈夫!」と思うのではなく、皮膚科へ行ったことをきっかけにセルフケアを見直すことが大切です。
みかん肌はすぐに治すことはできませんが、地道なケアを続けることで、必ず良くなっていきます。諦めずに頑張りましょう!