みかん肌 40代

40代からのみかん肌改善に必要なのは毛穴ケアではなかった?!

みかん肌は、文字通り肌がみかんの皮のようにザラザラ、ボツボツとしてしまっている状態のことをいいます。ニキビ跡によるクレーター肌も、みかん肌の1つだと言えるでしょう。みかん肌はかなり目立ちますから、コンプレックスに感じている人も多いのではないでしょうか。
人と目線を合わせられない、至近距離で会話ができないなど、コミュニケーションにも支障が出てしまうかもしれません。
そんなみかん肌は、すべての年代の悩みでもあります。なんとなくニキビや毛穴の悩みは若い世代、シミやシワは上の世代の悩みだと思われがちですが、決してそんなことはありません。みかん肌の原因は、大きく分けると「ニキビ跡」と「毛穴」の2つがあります。ここでは、毛穴が原因のみかん肌のうち、40代以上のケア方法についてまとめていきたいと思います。

 

【40代のみかん肌改善に必要なのは「たるみケア」!】

 

毛穴が開いているだけでも目立つのに、その毛穴がさらに大きく広がることで凹凸が生まれ、みかん肌になります。このような毛穴の状態だけを見ると、みかん肌の改善には「毛穴ケアが必要だ!」と思いますよね?しかし、ちょっと待ってください!あなたのそのみかん肌、本当に毛穴ケアでいいのでしょうか?
40代の毛穴トラブルによるみかん肌は、多くの場合根本的な原因は「毛穴」ではありません。確かに毛穴は開いていてとても目立つのですが、毛穴が目立つ原因は別のところにあるのです。では、一体何がいけないのでしょうか。
それはずばり、皮膚のたるみです。

 

40代のみかん肌は「たるみ毛穴」が原因

 

肌がみかんの皮のようになってしまうみかん肌は、毛穴の開きや黒ずみが原因のものも多いです。若い人の場合、開いている毛穴は通常通り「丸」い形をしています。しかし、40代の場合はどうでしょうか。「縦長」や「楕円型」「涙型」など、毛穴が伸びてしまっているのです。そのため毛穴が大きく広がったように見え、とても目立ってしまうんですね。これが、40代の毛穴によるみかん肌の本当の正体なのです!

 

では、なぜ「たるみ毛穴」になってしまうのでしょうか。簡単にいうと、肌の土台にあるコラーゲンやエラスチンなどが減少し、肌の土台がゆるんでしまうのです。お肌の内側のハリがなくなることで、お肌の表面を支えることができなくなります。その結果、お肌の表面がたるんでしまう、というわけですね。
お肌がたるむと、毛穴はその重力に引っ張られる形になります。もうどうなるか分かったでしょう。重力によって引っ張られた毛穴は縦長や楕円形といった縦に伸びた形になり、皮膚の表面との間に凹凸が生まれてしまいます。これが、たるみ毛穴によるみかん肌なのです。
年齢とともにコラーゲンの量が減り、お肌のハリや弾力がなくなっていくことは、決して珍しいことではありません。むしろ、ほとんどの人が経験している(経験する)ことだと言えるでしょう。たるみ毛穴は年齢によるコラーゲンやエラスチンの減少の他、乾燥や紫外線による影響などで悪化すると言われています。普通よりもコラーゲンを消費してしまうことや、皮脂の分泌が少なくなって毛穴が細くなることが原因です。元々の毛穴の数というのは同じで、毛穴自体が増えているということはありません。乾燥や紫外線によって肌がダメージを受け、皮脂の分泌が少なくなると、余計に肌は乾燥していきます。まさにこれが負のループの始まりなのですが、毛穴はどんなに乾燥していても、なんとか少しでも皮脂を出そうと頑張っているんですよ。なんだか健気ですよね。しかしその頑張りもむなしく、多くはたるみ毛穴によるみかん肌を招いてしまっているのです。

 

たるみ毛穴の改善方法は?

 

40代のみかん肌が「たるみ毛穴」が原因だということが分かりました。つまり、たるみ毛穴を改善すれば、みかん肌も改善できるということですよね。そのためには、毛穴ケアを行っていてもダメです。やはり、根本的な原因である「肌のたるみ」を改善していかなければなりません。
ここでおすすめするのは、ビーグレンの「たるみ、ほうれいせんプログラム」。エイジングケアのラインです。たるみを引き締めて肌をグッと引き上げることができれば、毛穴もキュッと引き締まって目立たなくなるでしょう。そうすれば、悩みであるみかん肌も改善することができますね。たるみが改善されると、それだけでマイナス10歳くらいの若返り効果も期待できます。悩みが改善できて若返りもできるなんて、まさに一石二鳥ですよね!
ビーグレンは、世界特許取得の浸透テクノロジー、キューソームを使用しています。他の一般的な化粧品とは、明らかに浸透率が違うのです。たるみは肌の「土台」の部分に働きかけなければ、改善することはできません。表面だけをなんとかしようと思っても、解決にはならないのです。土台に働きかけるためには、やはり有効成分や美容成分が浸透していくことが欠かせません。ビーグレンはぐんぐんと有効成分が浸透していきますから、早い段階で効果を感じることができると思います。

 

また、たるみを改善するには血行を良くするマッサージもおすすめ。リンパや血液の流れをスムーズにすることで、肌にハリを取り戻すことができますよ。肌をゴシゴシこするのは刺激となりますから、クリームなどを塗ってやさしくリフトアップマッサージをしてみてください。表情筋を鍛えるエクササイズもいいですね。
一度たるんでしまった肌を引き上げるのは、簡単なことではありません。ある程度の時間がかかることは、あらかじめ理解しておいてくださいね。たるみを改善するための化粧品を使いながら、紫外線対策などは怠らないようにすることも忘れずに。

 

・まとめ

 

40代からのみかん肌改善は、毛穴ケアではなくたるみケアが必要です。たるみによって、さらにみかん肌が目立ってしまっているからです。毛穴ケアを続けていても「みかん肌が全然改善していかない」と感じている人は、まさにそうです!毛穴ケアも重要ではありますが、みかん肌は根本から改善しなければ本当に改善できることはありません。もともとが改善しにくいみかん肌ですから、自分の「原因」をしっかりと突き止め、それに合った方法でケアをしていきましょう。
紫外線対策、乾燥対策は引き続き必須ですよ。もちろん生活習慣や食生活を見直すことも重要です。